2020年08月05日

【お買い物】シャープのドラム式洗濯機「ES-W112」を購入することにした。

 私はこれまで約12年間にわたり、今は亡きSANYOのドラム式洗濯機「AWD-AQ3000」を使っておりました。

 当時は確か15万円ぐらい払って購入した記憶があります。当時としては最高峰の洗濯機で、何度か修理もしたものの、長く活躍してくれました。一人暮らしの人間が使うにはややオーバー・スペックだったかもしれませんが、ある程度洗濯物を溜め込んだとき(特に旅行の直後)にも余裕を持って洗濯することができました。

 しかし、そろそろ購入から12年が経過しようとしており、今は大きな問題がなくてもいつ壊れるかわかったものではありません。しかも、メーカーのSANYOは既に存在していないため、今度壊れたらもうおしまいです。

 さらに、現在ヨドバシカメラでは、ヨドバシ・プレミアム会員限定のプレミアムボーナスポイントキャンペーンや、「エアコン・冷蔵庫・洗濯機・テレビ 買い替えキャンペーン」といったキャンペーンが目白押しです。

 そこで私は、多少無理をして、思い切ってキャンペーン期間中に洗濯機を買い換えることにしました。

 散々迷ったあげく、今回私はシャープのドラム式洗濯乾燥機「ES-W112」を購入することにしました。

続きを読む
posted by Telmina at 01:32| Comment(0) | お買い物

2020年08月04日

【お買い物】オールクール「COOL MASK」、ファースト・インプレッション

やっと涼感マスクを買った

 私は先週、いわゆる冷感マスクを2種類購入しました。

参考記事
冷感マスクの存在、もっと早く知っていれば…

 まずは、「ケンザン KENZAN 冷感マスク メンズ ブルー ANYe(エニー) デザイナーズパックマスク 1枚入 ANDM01-M-BLU」から試してみました。着け心地は悪くなく、使い方次第でそれなりに涼感を得られるのですが、残念ながら息苦しさからは解放されませんでした。

参考記事
【お買い物】ケンザン「デザイナーズパックマスク」、ファースト・インプレッション
【お買い物】ケンザン「デザイナーズパックマスク」、セカンド・インプレッション

 私は昨日やっと、先週購入した涼感マスクのうちのもう1種類、「オールクール ALLCOOL 2枚入り 冷感マスク Lサイズ 男性普通サイズ ネイビー COOL MASK 夏用洗えるマスク AC-MASK001L2-NV」を開封し、使用開始しました。

 「COOL MASK」はヨドバシAkibaの店内でもサイズや色の種類が豊富に取りそろえられていますが、自分はあえてヨドバシ.comで購入しました。

 このマスク、通気性に優れているものの、花粉や飛沫等を完全に防ぐものではないとのことです。なので、既に風邪を引いていたり感染症に罹患していたりする人には勧められませんが、息苦しかったり眼鏡が曇ったりするのが嫌でマスクを着けることが心底苦痛な私のような人間にはうってつけと言えるでしょう。公共施設や公共交通機関を利用しているときなどに、周囲から白い目で見られないようにするためにも、1枚購入しておくとよいと思います。

 第一印象で好印象を抱いた点は、次の通りです。

  • 通気性はよい(ただしさすがにマスクを全くしていないときよりは若干の息苦しさを覚えるが)。
  • 通気性がよいので、眼鏡が曇ることをあまり心配せずに済む。
  • 着け方にコツがあるが、しっかりフィットする(故にサイズは正しく選ばなければならないが…)。
  • マスクにロゴがプリントされているので、上下、表裏を間違える心配はまずない。

 逆に不満に思った点は次の通りです。

  • 涼感はまるで感じなかった(ただしこれは水に濡らせば効果が出るらしい)。
  • 装着感は抜群だが、それ故に多少の圧迫感がある。

 涼感については本日以降に再確認してみたいと思います。これである程度納得できれば、今後はこのマスクを主に使ってゆくことになると思います。おそらく、後日再レポートすると思います。

posted by Telmina at 01:01| Comment(0) | お買い物

2020年07月30日

【お買い物】ケンザン「デザイナーズパックマスク」、セカンド・インプレッション

やっと涼感マスクを買った

 先日購入した2種類のいわゆる冷感マスクのうち、まずは「ケンザン KENZAN 冷感マスク メンズ ブルー ANYe(エニー) デザイナーズパックマスク 1枚入 ANDM01-M-BLU」から使用を開始しています。

 当初は結構酷評したのですが、使ってゆくうちに少しずつ良さも見えてきました。

 まず、当初私はこんなことを述べておりました。

不織布マスクより多少マシな程度で、気のせい程度の涼感しかない。

 これについてですが、少し工夫することで涼感を得られます。

 水洗いしたあと、生乾き、というと少し語弊がありますが、完全にカラカラになる前の状態で装着すると、適度なひんやり感を得られます。それも湿った水気によるものとは明らかに異なる冷感です。

 おそらく、「キシリトール加工」による冷感とはこれのことでしょう。

 肌に密着している部分は確かにひんやり感を得ることができているのですが、実際にそのような感覚を得ているところを手で触れても、ちっとも冷たくありません。あくまでヴァーチャルなひんやり感です。

 なお、通気性があまりないことには変わりはなく、店舗や公共施設のように、マスクを着けていないと他人からにらまれかねないところから一歩出たら、私は我慢できずにマスクを外してしまいます。

 使い捨ての不織布マスクとは異なりゴミをむやみに増やさないのはよいことだと思いますので、ここぞと言うときに使ってゆきたいとは思います。

 しばらくしたら、先日購入したマスクのうちまだ未開封のものについても試してみたいと思います。

関連記事
【お買い物】ケンザン「デザイナーズパックマスク」、ファースト・インプレッション
冷感マスクの存在、もっと早く知っていれば…
posted by Telmina at 13:32| Comment(0) | お買い物