2021年02月19日

危うくガス料金を滞納するところだった

 表題の通り、危うく先月のガス料金を滞納し、延滞利息を支払う羽目になりかけておりました。

 これまで自分は、東京ガスへのガス料金の支払いを、払込票をコンビニエンスストアに持参することでおこなっていました。

 しかし、毎月それのためにコンビニに行くのがかったるいのと、クレジットカードの支払いによって発生するポイントを稼ぐためという理由で、今年からはクレジットカード払いに切り替えることにしました。

 クレジットカード払いの申し込みについては、インターネットで簡単にできました。

 しかし、ここで一つ落とし穴があります。既に払込票が発行された分についてはカード払いの対象とはなりません。

 今月支払い分からカード払いになったことは、検針票から確認できました。しかし、そこに記載されている請求金額の中に、1月支払い分の料金は含まれていません。


 嫌な予感がしたので、昨日の午前中に東京ガスに支払いについて確認したところ、先述の通り、既に払込票が発行された分はカード払いにならないということを伝えられました。自分がその確認をしたいと述べる前に回答されてしまいましたので、おそらく自分と同じ質問をする顧客があまりにも多いのでしょうね。

 昨日の昼休みに、自分は手元に残っていた払込票を持参して、大急ぎでガス料金を支払いました。実は支払いの期限が今日(19日)であり、それを過ぎると延滞利息が発生していましたので、間一髪でした。

 電気料金や通信費についてはとっくの昔にクレジットカード払いにしているのですが、なぜガス料金だけ払込票を払いのまま放置していたのかは自分にもさっぱりわかりません。しかし、これも今回限りです。クレジットカードのポイントをためるという観点からも、なんでもっと早くカード払いにしなかったのかと思います。

 公共料金の支払い方法を途中から変更しようとする方にとって参考になれば。

posted by Telmina at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。