2021年02月02日

悪夢は時に現実以上に数奇なり

 昨夜は悪夢、といいますか奇妙な夢にうなされておりました。

 自分の肉親や親戚、それに知り合い(という設定の人々)が集まって、山陰地方の温泉街(という設定の場所)に鉄道で旅行するというものでした。

 ちなみに現実の自分は山陰地方に入ったことがなく、自分が足を踏み入れた場所も倉敷が最西端です。しかしいくら夢とはいえ、山陰側に抜ける路線のない徳山で新幹線を降りるという、土地勘がないだけでは済まされないむちゃくちゃな行動をとっていました。

 夢の中で自分は、その後なぜか下関のあたりまで山陽本線で移動してから山陰本線(なぜか電化されている)に乗り換え(新山口で降りて山口線使えよとツッコまれそう)、現実には存在し得ないであろう、大型ショッピングモールのような観光ホテルに足を踏み入れました。

 夢に出てきたその宿、温泉街のはずなのに、なぜか夢の中では自分が温泉に入るシーンは一切なく、なぜか自分の肉親や、昔美人だったけど今ではすっかりおばさんとなった同年代の従姉妹たち(ちなみに現実ではもう10年以上も会っていない)と談笑していました。あと、宿の別館らしきところからは、どう考えても東京か横浜の埠頭にしか見えないような物流拠点チックな企業群が視界に入ってきていて、なかなかシュールでした。ゲームに登場したら面白そうな、ダンジョンみたいな宿でした。

 宿をチェックアウトしてから電車に乗ったときに、自分は携帯電話とコートを宿に置き忘れてきたということに気づいたところで、夢から覚めました。


 実にシュールな夢でしたが、時々寝付きが悪いと、こういう突飛もない夢を見てうなされてしまうことがあります。

 しかも今回は最後のオチがコートや携帯電話という忘れてはならないものを宿に置き忘れるというひどいもので、忘れっぽい自分にとっては実に示唆的だと思った次第です。

 なお、夢の中の登場人物、誰もマスクをしていませんでした。宿にも電車の中にも人が大勢いましたし。きっと、新型コロナウイルスなど存在しない世界線なのでしょう。

 過去を振り返ってみても、ここぞというところで自分は変な夢を見てはうなされます。2度目の大学受験を控えていたときには、受験に失敗する夢も見ましたし(実際にはさすがにそうはならなかったが)。

 まあ、大抵その手の夢は逆夢になるのですが、それでも示唆的であることに変わりはなく、自分を戒める材料とはなります。

 現実の自分はまだまだ温泉旅行とかできそうにありませんし、美女と談笑とか夢のまた夢ですが、コロナ禍が落ち着いたら、いずれも実現させたいです。…チクショウ!

posted by Telmina at 11:13| Comment(0) | 雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。