2021年01月06日

自宅デスクトップPCのデータ用ストレージ、SSDに換装すべきか?

 私は1月2日(土)に、「一年の計は元旦にあり・2021(その2)」という記事でこんなことを述べておりました。

 もし手っ取り早く改善できるとすれば、データ用ドライヴを4TBのSSDに換装することぐらいでしょうか? しかし、ネット通販で検索してみたところ、Amazonでもヨドバシ.comでも5万円以上もしますね…。今の私にはストレージごときに5万も出せるほどの余裕はありません。

 この時点では、私が主として使用している自宅デスクトップPCのデータ用ストレージを、4TBのHDDから同容量のSSDに換装したいという気持ちはあるものの、金額面で躊躇しておりました。

 ところが、換装を早めに実行した方が良さそうな情勢となりました。


 と申しますのも、現状では、データ用ドライヴをフルバックアップすると、19時間以上もかかってしまうという問題があります。

HD革命/BackUp Next Ver.5で取得したデータドライヴのバックアップのログ

 私は「HD革命/BackUp Next Ver.5」を用いてデータドライヴをバックアップしております。基本的には増分バックアップを取っており、7回ごとにフルバックアップを取得しています。増分バックアップでも40分前後かかっているのですが、フルバックアップになると19時間以上、下手すると20時間以上もかかっています。これはエネルギー効率も良くないばかりか、それを無視したとしても通常のPC利用にも支障の出る所要時間です。

 なお、現在、データ用のドライヴは、使用可能な領域3.63TBに対し、2.51TB使用済みとなっています。

 これを、同容量のSSDに置き換えたときに、バックアップやウイルススキャンの時間がどれほど短縮されるのかはわかりませんが、それを確認するためにも、早めにデータドライヴ用のストレージをSSDに換装した方がいいような気がしました。

 もし劇的に時間を短縮できるようであれば、電気代の節約にも繋がりますしね。将来的にメインPCをデスクトップ機ではなくノートPCに移行することも視野に入れるなら、ますますSSD化は避けて通れません。

 幸い、秋葉原のパソコンショップの中には、4TBのSSDが税込で5万円を切る価格で販売されているところもあります。

 私もたまにパソコン本体やストレージなどを購入しているTSUKUMOの通販サイトでは、執筆時点でWDやサムスンの4TBのSSDが税込5万円を切る価格で販売されているのを確認できます。例えば、私がよく使用するWDのSSDは、ヨドバシ.comよりも5千円以上も安い価格を付けています。ヨドバシカメラのポイント還元を考慮してもなおTSUKUMOのほうが若干安くなりそうです。

 とはいえ、それでも気軽にぽんと出せるような金額でないことに代わりはありません。それに、期待するほどの時間短縮効果が出なかった場合はそれこそ大損となります。また、換装する場合は当然ながらデータの移行作業も必要となります。

 あいにく、今週末の3連休はパソコン上で重要な作業をする予定ですので、SSD換装はどんなに早くてもその次の週末(1月16日)以降となります。そのときまでにSSDが値下がりしてくれればと思うのですが、そんなにすぐには変わらないでしょうかね…。

posted by Telmina at 00:00| Comment(0) | PC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。