2020年06月17日

【時事】日本におけるクルド人の人権問題について

 おはようございます。最近全然疲れのとれないテルミナトレードマーク(TM)です。

 朝起きて、寝ぼけ眼で、私が分散型SNSのプラットフォーム「Mastodon」を用いて運営している3代目リベラル専用コミュニティ「LIBERA TOKYO」のタイムラインを眺めていたところ、先代サーバ時代からの常連の一人である破レ傘/肉球新党諏訪支部さんから、ショッキングなトゥートがいくつか投げかけられていました。

 実は私は、この2日前のトゥートについては完全に見逃しておりました。

 しかし、本日未明に投げかけられた次の2つのトゥート ( その1その2 ) を読むと、ことの重大さがわかってきます。

 立憲民主党の石川大我参議院議員は、以前から難民問題等に取り組んでこられた方ですが、石川議員のツイートに対するコメントの最初の数件だけ読んでも、日本における差別主義の根の深さを思い知ることとなりました。

 私は現時点ではとても状況の全貌を把握するに至っておりません。しかしながら、これは弊サーバ常連の破レ傘/肉球新党諏訪支部さんも仰るように、

立憲パートナーズあたりで少し対応してくれないものだろうか

と思います。

 一応自分も立憲パートナーズの一員ではありますので、状況によっては何らかの申し入れをパートナーズ事務所にしなければならなくなるかもしれません。とは言っても、悪意を持って石川議員に絡む連中をどうにかしろと言ってもパートナーズ事務所では無理でしょうから、もし本当にパートナーズ事務所に申し入れするとしても、言えることは限られてきそうですが…。

 どのみち、自分が今回の件について状況を把握するために行動を始められるのは、どんなに早くても今日の夜です。しかしそれではタイムラグが大きすぎます。自分以外の立憲パートナーズの方々も、動ける方は動いてほしい。そして、今回のクルド人の暴行被害やそれに端を発する抗議デモや、それらの背景にある人権問題を知り、人権問題を取り上げている石川議員を守ってほしいと思います。

 乱文失礼。

posted by Telmina at 08:38| Comment(0) | 時事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。