2020年04月07日

【新型コロナ】ついに緊急事態宣言発令へ

 ついに本日、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されるとのことです。

 対象は東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県で、来月6日までの期間限定とのことです。

関連記事
緊急事態宣言、7日発令 来月6日まで、7都府県対象―私権制限可能に・新型コロナ @ 時事ドットコム

 期間限定、かつ地域限定ということで、 私含む一部の人間が恐れていたような、日本国民の公民権停止という事態にはならずに済みそうです。

 約1ヶ月間に限定している理由についても触れられています。

 宣言の実施期間を1カ月としたのは、感染抑制効果を見極めるため。政府は先に策定した基本的対処方針の改正作業にも着手。外出自粛期間中も「健康維持のための散歩と運動は認める」などと記す方向で調整している。

 見極めてどうするのだという疑問はあるものの、これで7都府県、特に東京都における事態の改善が見込まれない場合は、さらに対象地域が増えたり期間が延びたりする可能性も否定できません。

 幸か不幸か、昨日より私もテレワークに入っており、(元々罰則規定はないとは言え)特に後ろ指を指されるような遠出はしばらくしないつもりです。

 しかし、これだけでは我々の日常生活にどれほどの影響が出るのか、いまいちピンときません。

 別の記事で、生活への影響について触れられています。

関連記事
緊急事態宣言で暮らしどう変わる?スーパーは、鉄道は、医療は、学校は… @ ライブドアニュース(livedoor ニュース)

 住民は一定の不便を強いられるが、食品や日用品を扱うコンビニエンスストアやスーパー、住民の足となる鉄道などは基本的に営業を継続。暮らしに最低限必要な“社会インフラ”は守られる見通しだ。

…とのことですので、経済活動が完全に封鎖されるわけではなさそうです。

 事業者の中でも、早いところでは既に電車通勤を禁止しているところもあるのだそうです。とはいえ、マイカーやレンタカーで通勤できる人は「まだ」いいのですが、そうでない人の場合はどうすべきなのでしょう? 体力のある事業者であればタクシー通勤というのもあり得るかもしれませんが、それでも対象となる従業員が多くなると厳しいでしょうしね…。

 私も、既にテレワークに入っていて、しかも日曜日に(別に緊急事態宣言の発令を見越したわけではないとは言え)とりあえず今週金曜日までは最悪の場合一歩も家から出なくてもなんとか生活できるように、飲食物の買い出しをしました。しかし、こうなると小規模な飲食店がどうなってしまうのかが気になるところです。近場のメイド喫茶とか大丈夫かな…。

posted by Telmina at 02:10| Comment(0) | 時事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。