2020年03月25日

東京五輪、延期へ

 昨日、東京オリンピック、パラリンピックの延期が、安倍首相とIOC会長との間で合意されたとのことです。

関連記事
「希望が消えた」東京オリンピック延期合意で関係者落胆 「仕方がない」の声も @ 毎日新聞

 個人的にも、この合意には落胆しています。

 なぜ、「中止」ではなく「延期」なのか。

 なぜ、「2年」ではなく「1年」の延期なのか。

 「通常開催」、特に「無観客開催」という最悪のシナリオだけは避けられたものの、それでもこの合意はお世辞にも最善とは言えません。

 結局、我々日本国民が富裕層と五輪の利害関係者の道楽にさらに1年間も付き合わされると思うと、たまったものではありません。

 それに、五輪通常開催が困難になった最大の原因と言える新型コロナウイルスの蔓延についても、収束のめどが立たない以上、延期するにしても「1年」という期間では短すぎないかという懸念もあります。

 また、安倍首相のトップダウンの決断というのも妙に引っかかります。その理由がこれです。

 一部では安倍四選が困難みたいな話も出ているようですが(そもそもこれまでの自民党のルールをねじ曲げた安倍四選など許してはなりませんが)、それを踏まえると、このツイートで言及されているように、五輪を安倍首相の任期中になんとしてでも開催したいという思惑が透けて見えます。その意味では、「通常開催」よりもむしろ悪い流れとすら言えます。

 別のツイートではこんな話も出ていますしね。

 一部の安倍応援団からは、安倍首相のトップダウンの決断を評価する発言もあるようですが、とんでもない。結局、五輪を政治利用されたという思いが募ってきます。

 もし、1年後にまだ新型コロナウイルスを沈静化できていなかったとしたら、「また1年延ばす」とか言うつもりなのでしょうかね?

 それならば、思い切って「中止」を宣言してくれたほうが、我々日本国民はもちろん、利害関係者の一部にとっても、後腐れがなく済むのではと思えてなりません。

 結局、五輪とは、誰のためのものなのでしょうかね…。


posted by Telmina at 08:09| Comment(0) | 時事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。