2020年10月27日

大阪市民よ、大阪市解体にノーの声を!

 次の日曜日の11月1日に、一度ノーを突きつけられたはずの「大阪都構想」こと大阪市解体の是非を問う住民投票がおこなわれます。

 もちろん大阪市民でない私には投票権などありませんが、この成り行きは大いに気になります。

 そもそも、過去に一度否決されているのにまた維新が同じことを言い出している時点でナンセンスなのですが、今度も大阪市民の良心を見せて欲しいです。そして、何度もこんな住民投票をしなくても済むように、維新を永久に下野させなければなりません。

 そもそも、住民投票の結果次第では解体させられてしまう当事者である大阪市が、こんな試算を出しています。

参考記事
大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算 @ 毎日新聞

 少なくとも二重行政の解消が嘘であることは、この記事の無料で読める部分からも読み取れると思います。

 そもそも、「都構想」などとたいした名前がついていますが、大阪市を解体しても大阪は東京都みたいにはなれません。それに、特別区を有している東京ではむしろ特別区をやめたがっているという話もあります。私の住む千代田区も、住民税がべらぼうに高いですしね。

 ですので、大阪市を解体することで、大阪市民が今後自分たちの首を絞めてしまう可能性は十分あるわけです。日本最古の公営地下鉄だった大阪市営地下鉄が民営化されてしまったのは、その第一歩に過ぎません。

 大阪市民よ、大阪市解体にノーの声を!

posted by Telmina at 08:27| Comment(0) | 政治