2020年06月16日

【 #都知事選2020 】山本太郎氏も出馬表明。しかし…

青くライトアップされた東京都庁

 昨日、れいわ新選組代表の山本太郎氏が、今年の東京都知事選挙への出馬を表明しました。

 私は一応れいわ新選組の支持者でありますが、この出馬表明を訊いて抱いたのは、歓喜ではなく落胆でした。

 既に、弁護士の宇都宮健児氏が、立憲民主党、日本共産党、社民党の応援を取り付けて立候補しています。山本氏が立候補するまでは、自分も宇都宮氏を断固支持するつもりでした。

 しかし、ここで山本氏が立候補を表明したことで、宇都宮氏とどちらを支持すればよいのかわからなくなってしまいました。

 否、これは私だけの話ではなく、多くの人が指摘しているように、野党票が割れてしまうことはもはや避けられません。現状、小池都政の継続とそれによる新自由主義への傾斜をなんとしてでも食い止めなければならないのですが、今回の山本氏の出馬表明はどう考えてもそれに逆行する行為だと思っています。

 なお、伝え聞いた話によると、古参の山本太郎支持者の中には今回の件で戸惑いを覚えた人が少なからずいるようです

 私も、今回は投票日当日に投票用紙に記名するギリギリまで、宇都宮氏と山本氏のどちらに投票すべきか悩むことになると思います(あ、棄権は絶対にしませんよ)。

 こうなってしまった以上、今回私は、「小池都政を終わらせるための最善となるであろう行動」をとるつもりです。つまり、マスコミ等の情勢分析で、宇都宮氏が優勢であれば宇都宮氏に、山本氏が優勢であれば山本氏になびくということです。

 自分だって、こんな主体性のかけらもないような行動基準に従いたくはありません。しかし、あくまで今回の目的は、小池都政を終わらせて東京都の新自由主義傾斜を防ぐことと考えておりますので、こうせざるを得ません。

 なお、私に限らず、SNS等で政治を取り上げている人の多くが、国政選挙や大きな地方選挙の時に、「三春充希(はる) 星2みらい選挙プロジェクト」の情報を参考にしていると思われます。今回の都知事選挙では、自分もこれをフル活用するつもりです。

続きを読む
posted by Telmina at 00:14| Comment(0) | 政治